ochiai river cycling
Root 1

神宝大橋→西武池袋線鉄道橋


落合川サイクリングは黒目川の神宝大橋(写真1.2)からはじまります。全ルートの距離が短いので黒目川のサイクリングとあわせ、寄り道感覚で行くのが良いかと思います。その際は黒目川サイクリングroot11のスタートから落合川方向へ向かってください。本ルートは基本的に左岸ルートですが帰路は右岸(一部通行不可or未舗装路)ルートで往復し本ルート始点である「神宝大橋」に戻るのがおすすめです。「落合川と南沢湧水群」は、「平成の名水百選」に東京都で唯一選ばれた川だけに透き通った水でとても綺麗です。2015/5/27の夏日に訪れましたが色んな所で子供達が水浴びしており東京の風景には見えないにぎわい方をしていました。

 

ochiai river cycling

Root2
西武池袋線鉄道橋→宮下橋

 

ルート2〜3は落合川のハイライトです。まず「落合川いこいの水辺」です。遊歩道から水辺にいけるようになっており水遊びできるようになってます。その日は近くの小学校の子供達が野外学習の日だったようで、水辺の生き物の説明を芝生の青空教室でうけており、その後水遊びしていました。こんなことが東京でできるなんで!とちょっと感動。ホント幸せな環境ですね。そう!それとこの日は野鳥のサギ(写真5)をみかけました。この他にもハクセキレイ・カワセミなど沢山の野鳥がいるようです。都内近郊でこんなにも豊かな自然と豊かな湧き水がある落合川はぜひ訪れて欲しい場所の1つです。

ochiai river cycling

Root 3
宮下橋→南沢緑地→
こぶし橋

 

ルート3も落合川のハイライトです。なんといっても東京の名湧水 57 選に選ばれた所が「南沢緑地(写真4〜12)」にあります。この辺りの湧き水の水量は一日で1万トンにもなるそうで南沢緑地の水は透き通っており、ほんとんど手を加えられていない木々の間に水路が通っている。小さい森だが木々が多い茂り、豊かな水が湧き出る森の中はとてもすばらしい。湧水源地のある場所までは「崩壊を防ぐため」『立入り禁止』となっているので観察路から外れるような行動は避けましょう!近くにある氷川神社(写真3)は昔から湧水守護神として祭られてきたそうです。


ochiai river cycling
Root 4
こぶし橋→八幡橋(終点)
 

短い距離でしたが落合川のサイクリングもこのルートでおしまいです。上流でもやはり水はきれいで子供達が水浴びしいる姿が見受けられました。自然の中で遊べる環境があるのは本当にいい事だと思う。本ルートのゴールである八幡橋(写真14)より先も自転車では進めないけど川は続きます。2015/05/26に訪れた時は草が生い茂っており水の流れは見えないし通路?も草で隠れてしまっていました。さて帰路ですが、おすすめは来た道を戻り「黒目川サイクリングルート」に入ることです。ただ黒目川と落合川は平行して流れているので行ったり来たりな感じが否めないので一般道「落合川終点(八幡橋)→新小金井街道→所沢街道」で黒目川サイクリングroot13へつなげるのも一つの手かと思います。

 

*地図上の撮影ポイントはスライドNoと連動してます。

Copyright © 2015 anysense bicycle All Rights Reserved.