kurome river cycling

Root 1

荒川サイクリングロード(笹目橋)→朝霞水門

笹目橋の脇の坂をのり土手にあがると360度、広大な荒川の景色が広がります。初めて来た時はきっと驚くはず。初めてここに来た時はママチャリで、ここでスポーツバイクを気にし始めた。颯爽と通り過ぎていくクロスバイクやロードバイクに首ったけで、きっとこの時買う決心がついたんだと思う。
荒川は本当に美しく広大だ。都内近郊の場所とは思えない。小高い土手の上からは美しい芝の緑と一本にまっすぐにのびた道、右を向けば雄大な荒川が流れ、左を向けば細くゆったりと流れる新河岸川が、後ろを向けば大きい笹目橋の上をひっきりなしに車が通る。まっすぐのびた道の先には白く大きな水門が見え、ペダルを漕ぐと優しい風が流れ、時折芝の匂いが優しく香りなんだかとても贅沢な時間を過ごした気分になる。 今回はまず先に見えるの白い水門、朝霞水門を目指して進もう。


kurome river cycling
Root 3

新河岸川→東橋(黒目川下流)


ルート3は約900mの行程ですが、その全てが畦道のような未舗装路です。 心配な方は降りて自転車を引きながら歩くのがベターです。まるで田舎の畦道のような錯覚に陥るぐらいのんびりした空気感と風景は、都心から電車で30分程度の場所とは思えない。個人的に短い距離ながらお気に入りのルートの一つです。

 


kurome river cycling

Root 4

黒目川 東橋→城山公園

 

ルート4は一本道。特に迷う事はないと思います。未舗装の道を少し進むとやっと舗装された道になります。あまり走っていないので休憩には早いかもしれませんが、ルート4のゴールにある城山公園(写真5〜8)は丘?の上にある公園で木陰が多いので暑い日などは日差しを避けながら休むのに最適です。時間帯にもよりますが人も少なく、ゆったりとした時間が過ごせるはずです。

 

kurome river cycling

Root5
城山公園→浜崎黒目橋

 

ルート5はまた未舗装の道が続きます。ここから特にゴール付近は人通りが多くなります。付近に朝霞台の駅がある事や東洋大学のキャンパスがあることから人通りが増えるみたいです。付近の住民の方の生活道路なので走行の際は十分注意してください。未舗装の道ですが、細かい石の砂利道なので路面と速度に注意すればクロスバイクでも走行できました。写真12の橋は「浜崎目黒橋」という目黒川沿いでも珍しい形をした橋です。この先から舗装路が増えてくるので、今はまだのんびり走行しましょう!

kurome river cycling

Root6
浜崎黒目橋→泉橋

 

ルート6は東武東上線の高架を抜けたとことから始まります。ルート5と同じく人通りが多くなってくるので十分注意して走行ください。一つ目の橋「東林橋に出たら左岸側(写真2.3)」に向かいます。右岸は未舗装路ですが左岸は新高橋(東林橋の一つ先の橋,写真8.9)を抜ければ舗装路になってます。次のルート7で説明しますが、一部「非常に悪路」な部分があるので迂回路の設定があります。この迂回路に入る為にはルート6の終点(写真12.13)で迂回するか、しないかを決め進まないと途中から迂回路へ、またその逆も難しくなってきます。悪路の状態についてはルート7の写真で確認ください。

kurome river cycling

Root 7
泉橋→新座大橋

 

ルート7はルート6で説明があったように写真1の時点で迂回路か順路かのどちらかに別れているかと思います。迂回路の画像は用意してません!順路での説明になります。スタートの泉橋の次「黒目橋(写真2)」〜「黒目川橋(写真4)」はかなりの悪路になります。「写真3」で道の状況を確認して「順路or迂回路」かをルート6のゴール泉橋の前までに決めておきましょう!なにが悪路かというと草が道を塞ぎ、かなり道幅狭いです。少し走ると大橋(写真6.7)にでます。大橋〜新座大橋までは2015年6月まで工事の為通行できません!よって写真7のように右に曲がり迂回路(2)に進みます。この工事は平成27年6月12日(5/12現在)までとなってました。迂回路に入ったら写真8〜写真15までのように進み元の黒目川に戻ります。写真14を左折する際「段差が大きい」ので注意してください。

 

kurome river cycling

Root 8
新座大橋→市場坂橋

 

ルート8からはやっと舗装路が続きます。左岸、右岸で舗装or未舗装があるので適宜走りやすい側をコース設定してます。今まで未舗装路が殆どだったのでここから少しスピードをあげる事ができます。ゴールの市場板橋(写真10)から寄り道で「栄緑道」に行ってもいいかもしれません。特に春は桜並木が綺麗で沢山の人が集る所でもあります。

 

 

kurome river cycling

Root 9
市場坂橋→馬喰橋


ルート9も舗装路なのでぐいぐい進みましょう!これ以降、川沿いに公園がいくつもあるので子供の飛び出しなどに注意して走行ください。写真1辺りは舗装路ですが樹木の根が伸びていてアスファルトに起伏があるので路面に注意しながら走行してください。平成28年3月まで写真8〜11で河川工事をしています。恐らくですが自転車の通行に限り完成してもあまりルートの変更はなさそうです。ゴールの馬喰橋(写真16)は通常橋の下を抜けていくルートにしていますが、橋の下の道の状態が悪いので直進し道を横断するようにしてます。


*地図中の「撮影ポイント」は「スライドNo」と連動してます。

 

kurome river cycling

Root 2

朝霞水門→新河岸川

 

ルート2は短いですが、分岐がいくつかあるので間違えないようにしましょう!まず朝霞水門を抜けると車止めの前で左に降りる道があります(写真1)。そこを降りていくと「未舗装」の道になります。そこを抜けると一般道に入る(写真3)ので「左」に曲がります。朝霞水門を抜ける時に左側に「さびた鉄筋でできた橋」を見た事はありません?一般道を左にまがるとしばらくして「その橋」を通ります。いつも見ている朝霞水門違った角度で見ると距離はさほど変わらないのに新鮮な景色に見えます。橋を渡り「すぐ右」に今回の目的の黒目川と新河岸川の合流地点へ続く道(写真5)があります。ここは「え??ここ通れるの?」とびっくりするぐらいの道です。自分も偶然、ママチャリお散歩中に地元のおじいさんが曲がっていくのを見て「ここ通れるんだ!」と思い進んだ結果が今回のルート紹介のきっかけになりました。一時工事中で通れなかったのですが2015年5月現在通行可能。

Copyright © 2015 anysense bicycle All Rights Reserved.